リハビリ専門学校のオープンキャンパスで見ておきたいポイント

学校の雰囲気を見よう

このような厳しい環境の中でも学生は平日、休日構わず自主学習、課題に励んでいます。悩み、疑問は数多く出てくるとは思いますので、先生へ相談をする機会が必然的に増えます。積極性のある生徒が多い学校では平日、休日変わらず先生への質問も盛んに行われています。先生も人間ですのでやる気がある方、ない方、その他様々な方がいます。

オープンキャンパスに行った際は、説明のやり取り、体験授業の中で先生がどのような人間なのかを見ていくことをおすすめします。またどの職種にも繋がる内容になりますが、あいさつ、礼節は重要になります。しっかりと教育が行き届いている学校では職員、学生問わずにあいさつ、礼節が行えています。今後は高齢な方と接することが多くなりますので、若年の方に比べると、よりシビアに見られることが多くなります。

特に療法士は患者様と一対一で接することが基本になりますので、あいさつ、礼節が出来ない方は、信頼関係も築いていくことは非常に難しくなります。以上に述べたことは、今後絶対に不可欠になっていく要素になります。このような点を踏まえながら、自分に合うリハビリ専門学校を見つけ、より良い学生生活を送るようにしましょう。